関西地方でスノボを楽しむために

subpage-img

関西地方でスノボを楽しむためには、どのようなことを知っておいたほうがよいでしょうか。


スノボを楽しむ世代は10代後半から20代前半になりますが、その人たちの多くはお金を持っていません。

そのため関西でスノボに行くとしても、それほど遠くまで行くことはできません。

日帰りスキーのココだけの話をしましょう。

近場の兵庫県や京都府のスキー場などがよいでしょう。


関西地域は北陸までが日帰りの限界といわれています。つまり、北陸より先まで行くと日帰りで帰ることはできないということです。では、日帰りをするためにはどのくらいの費用が必要でしょうか。
一般的に格安でいくためには、ツアーを利用することが必要です。
ツアーは旅行会社だけでなく、スキー場の人たちも一緒になって計画をしているものです。厳密に言えば、ツアー会社が企画をして、スキー場と連携をとるといった形になります。
日帰りスキーは、4000円程度で往復してリフトチケットまで購入することができるのです。

このようにお得な手段がある以上は、利用しない手はないでしょう。



ただし、格安で利用するということはそれなりに問題点もあります。


例えば、スキー場の質があまり良くない場合や、人気がありすぎて混みまくってしまい、ともに滑れない場合などが考えられます。



バスも座席指定ですが、座席自体はとても狭いため、隣の人に遠慮しながら座らなければいけません。

もちろん友達同士で行く場合は別ですが。

事前になんかしらの対策を立てておくことが大事です。

top