誰もが知っているSFAとは

SFAが持つ特長を生かすことが重要

SFAは営業活動を効果的に行うためのツールとなっているため、同じような性質を持つMAやCRMと混同してしまうことも多いものです。そのため、SFAの導入の話題になったときに、既にMAを導入しているから良いとか、ほとんどの機能はMAで行っているため新たに導入する必要はないと言う人も少なくありません。SFAはMAやCRMとは異なり、営業活動を効率的に行いその案件を成約させるために社内の様々なリソースを効果的に利用することができる仕組みを備えているのが特徴です。あくまでも営業活動の遂行を軸に様々な情報を集約させることを目的としており、この点を十分に理解して導入しないと、MAやCRMとの違いを認識できず、またそのメリットを十分に生かすことができなくなるので注意が必要です。

MAは近年では多くの企業が導入しているマーケティングのツールであり、あくまでも顧客の動向を知るために利用するものとなっています。しかし、実際の商談の中で発生した様々な問題を解決するためには、これらの情報を自ら取り出し効果的に応用することが必要となります。CRMはこれまでの顧客との案件の記録をデータベース化したものであるため、新たな案件の遂行に対して様々なアドバイスを自動的に生成するものではありません。これらの要素を全て含み効率的に情報を利用することができるのがSFAの特徴であるため、この違いを十分に理解した上で導入し、これらの機能を生かすことが効果的な利用を行う重要なポイントとなっています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です