誰もが知っているSFAとは

SFAの役割やCRMとの違い

SFAは英語のSalesForceAutomationを略したもので、日本語では「営業支援システム」と理解しておくと良いでしょう。SFAは、営業活動の生産性向上のための支援機能があり、活用することで営業利益が増大したり、企業によっては赤字から黒字回復した例などもあるようです。このシステムが担うことは、受注管理や売上などの数値管理だけではありません。セールス案件の進捗・商談内容その他、細かな活動に至るまで入力管理することが可能です。

また、リアルタイムで情報の共有が出来ることで、営業部門のみならず関連部署も進捗状況を把握できるというメリットを持っています。従来の営業のかたちと言えば、定期的に報告会などを実施し、報告書を紙で印刷して用意するといったスタイルでした。SFAを導入することでこれらの手間と時間がカットでき、組織全体で効率化が図れることになります。もともとこのシステムは海外が発祥ですが、日本でも1990年代頃から注目されるようになり、近年では多くの企業が導入したり検討を進めています。

SFAを取り上げる際に、よく同時に出てくるのが「CRM」ですが、その目的はいずれも企業の業績拡大であるという点は共通しています。しかしながら、考え方と手法は異なっていると考えて良いでしょう。CRMは日本語では「顧客管理システム」と呼ばれ、企業と顧客との良好な関係継続を構築するためのものです。つまり、CRMが顧客情報管理を主体とするのに対して、SFAは営業担当者の業務効率化を図るための情報管理だと言えるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です