誰もが知っているSFAとは

クラウド型SFAのメリットは

昨今、SFAを検討中の企業が多くなっているのは、多くのメリットが期待できるからに他なりません。もちろん、データ管理自体は表計算などの汎用ソフトを使っても可能でしたが、SFAはそれを超えて、さまざまな機能や利便性を持っています。ただ、ひとくちにSFAといってもそのタイプはさまざまあり、「オンプレミス型」「パッケージソフト」「クラウド型」などに分かれます。この中で、もっとも新しいタイプと言えるのがクラウド型です。

クラウドシステムが登場することで、PCの利用環境は大きく変化したといっても過言ではないでしょう。それ以前は、オンプレミス型を採用している企業も多く、社内にサーバー専用ルームがあり専任管理者を配するといった体制をとっていました。サーバーにアクセスする方法も、専用線などで機密性が保たれるネットワークを設置する方法が主たるものだったのです。ところが、クラウドシステムを使えば、専用サーバールームはもとより専用機自体が必要ありません。

また、ネット経由であれば、タブレットやスマートフォンからも利用出来るなど、利便性が非常に高いです。そんな流れに沿って、SFAシステムもクラウド型が台頭してきているのです。さまざまな端末からアクセスできる点以外にも、クラウド型はコストパフォーマンスが高いのも特徴です。サーバー設置のための初期費用や、管理専任担当者の人件費が削減でき、ソフトのバージョンアップやメンテナンス費用も省けます。

したがって、SFAを導入したいけれどまずは試してみたいという場合なら、クラウド型を優先的に検討するのが賢明だと言えるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です