誰もが知っているSFAとは

営業成績をアップしたいならSFAが便利

営業活動は担当者が取引先に足を運び、商品やサービスの説明や取引の交渉などを行うのが通例です。取引先は社員がそれぞれ担当し、基本的には一つの取引先は固定の担当者がついてフォローします。担当者と取引先の相性や、担当者自身の技量が契約件数に影響することが多く、本人が意図しないまでもブラックボックスになりがちです。SFAはそんな営業活動を支える支援システムで、営業活動で得た結果を残すことができます。

交渉が終了したらすぐに活動報告を行い、上席はもちろんのこと部署内に情報を共有することも可能です。出先からでもスマートフォンやタブレットを使ってすぐに報告ができるため、報告漏れやミスなどの防止にも役立つでしょう。上席はすぐに活動報告をチェックして新たな指示を与えることができます。SFAに情報をまとめることにより、ブラックボックスになっていた営業業務の内容が明確になるのも大きな利点でしょう。

部署内で共有が行われることで担当者が休んだ時にも周囲がフォローしやすくなり、ビジネスチャンスを逃しません。SFAを使った情報の提供により、顧客の属性や担当者の営業成績なども判りやすくなりなります。蓄積されたデータを活用すれば、ターゲットの分析を行ってさらなる商機へと繋げることもできるでしょう。社員が送信した活動報告から数値にした営業活動を共有すれば、数値からノウハウを獲得して営業部門全体の成績アップにも挑戦可能です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です