誰もが知っているSFAとは

自社の状況に合わせて選ぶCRMツール

一緒にもっとも最適なCRMツールを選ぶことで、業務をより効率化しながら進めることができます。企業の業種や勤務形態、顧客との関係性によっても必要となる機能は異なります。どんな機能必要とするかは自社の状況を鑑みて決めると良いでしょう。CRMツールのもっとも重要な機能は、これまでは紙の種類などで管理していた顧客情報の一元化です。

従来であれば社内に戻らなければ確認できなかった顧客の名前や所属、勤務先といった詳細な情報もツールから簡単に確認できるようになり、外出中の営業を担当社員も楽に扱うことができるでしょう。指定した部署内において情報が共有され、他の案件などでも活用することができます。CRMツールを使った情報の一元化と共有により、伝達ミスなども減らすことができるはずです。また、サポートやセキュリティもCRMツールを選ぶ際の重要な要素になります。

特に海外製のツールの場合サポートが英語のみとなっていることも多く、英語での問い合わせが可能な状況でない企業で万が一トラブルが発生した場合に解決が遠くなってしまいます。海外製であっても日本語サポートが可能なものや、日本製のCRMツールを選ぶことで安心して利用することができるでしょう。セキュリティ面においては提示されている情報だけでは判断しにくい可能性があります。ツール紹介ページなどがきちんと作成されているかといった点や、利用者の評判などから判断することも可能です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です