誰もが知っているSFAとは

知っておきたいSFAの基礎知識

SFAは「SalesForceAutomation」のそれぞれの頭文字を取った略語であり、営業支援システムと翻訳されることが多いです。文字通り企業の営業職の業務をサポートするツールのことであり、業務プロセスや情報共有・入力などの自動化を行って、営業活動のデータ化および蓄積・分析を可能とするシステムのことです。国内においてSFAが注目を集め普及した背景には、相次ぐ不況による市場の停滞・縮小によって営業スタイルを変革せざるを得なかったという事情があります。属人的なスタイルによる営業活動が通用しなくなったことで、新たなスタイルの模索とさらなる利益の追求が求められました。

案件の進捗を効率良く管理しつつ、定型作業の自動化を進めることで貴重な人材がコア作業に打ち込めるようになるための下地が築かれていったという訳です。SFAには営業活動に役立つ、さまざまな機能が搭載されています。顧客の名前や連絡先、企業の情報など基本的なデータはもちろん担当者名や商談履歴など顧客情報を管理する機能が代表的です。また企業だけでなく案件ごとに進捗状況および詳細データを管理する、案件管理機能も有用です。

案件に携わる営業担当や顧客名、商談の進捗状況に加えて受注の見込みや見積もりなどさまざまな情報をまとめておくことが可能となります。担当者の行動・結果を記録する、行動管理機能も優秀です。客先への訪問頻度や提案した数、受注率なども記録できるため活動の可視化ができます。加えて営業担当者の評価をする際の、参考資料となる点もメリットです。

予算と実績を分析する予実管理機能、日報・週報作りをサポートするレポート管理機能も大いに役立ちます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です