誰もが知っているSFAとは

SFAを選ぶ上でのポイント

社内への構築型からクラウドサービスまで、SFAには実に多彩な形式・機能を有した製品が存在しています。一方で自社に適した製品・サービスを選ばなければ、せっかく導入しても使い物になりません。上手にSFAを選ぶためのポイントとして挙げられるのが、操作性です。価格が安いからと即決せずに、とりあえずは画面構成を見て使いやすそうかどうかをチェックしましょう。

営業マンが入力しやすいか、誰でも簡単に操作できるのかを基準にすると良いです。大抵は期間限定で無料で使えるサービスを実施しているため、担当者や責任者だけでなく社員にも使ってもらうとシステム選びを失敗しにくくなります。スマートデバイス対応であるかどうかも、重要なチェックポイントです。こちらは効率化はもちろん、機会損失を防ぐ意味合いもあります。

たとえば商談中に自社が提供する他のサービスの話題になって、提案するチャンスが訪れたとします。これまでは次回の訪問の際に持参しますと言っていたのが、商談中にタブレット端末を操作してSFAにアクセスし、すぐにカタログや簡易的な見積書をその場で渡せるようになれば、成約率は大きく変動することでしょう。サポート面の充実も、SFAを選ぶ際の判断基準となりえます。営業部門はもちろん他の部署の人員がシステムに慣れて業務に定着しはじめ、さらに効果が出るようになるまでは運用の試行錯誤が必要です。

それにはサービスを提供している側の企業からの、中長期的なサポートが不可欠です。相手に売りつけて終わりという会社ではなく、購入後もしっかりと支援してくれる会社の製品を買うのが失敗しないためのポイントと言えます。SFAのことならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です