誰もが知っているSFAとは

CRMが必要な組織とは?

顧客との関係性を良好に維持するために必要とされるCRMですが、具体的にどのような企業に有効なのでしょうか。端的に言えば、効率的に顧客の管理が行いたいケースです。例えば、営業担当者が顧客管理に負担を感じていて、ミスが増えているような場合や、他社に顧客を取られることが多くなっているようなケースです。このような状況は、顧客管理が非効率で実際に問題が発生していると言えます。

CRMを使うことで、顧客との関係性を組織として管理することができます。顧客情報を一元管理して、どのような注文を受けて納品にどれだけの時間がかかっているか、どのような問合せを受け付けてどのように対応したかを情報として蓄積します。案件ごとのアンケートをとって、不満などがないかを確認するためのメールを自動的に送ることも可能です。蓄積したデータは分析して、どのようなニーズがあるか、それに対してどのような対応が可能かを考えることも重要です。

CRMを導入して、顧客の関係を組織として管理できれば、営業担当者の負荷は少なくなります。長い間訪問しないなどの問題を回避できれば、顧客を失うようなことが少なくなるでしょう。定期的に注文してくれる顧客は、何もしなくても大丈夫というわけではありません。しっかりとニーズや不満を理解していないとある日突然他社に乗り換えられる恐れがあります。

そうならないためには定期的に状況を把握する必要があります。それをCRMで効率よく行うことができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です