誰もが知っているSFAとは

CRM導入で注意すべきこと

顧客管理を改善するためにCRMを検討しているなら、導入までに知っておいた方がいい基本的な知識があります。いろいろなところから提供されていますが、多機能であることが便利に直結するわけではありません。使わない機能のために高額な導入コストをかけるのは、意味がありません。まずは何をしたいのか、どうなることが理想なのかを明確にすることです。

現状で問題となっていることを列挙して、その解決につながる機能があるかを検討します。CRMで重要なことは、自社の業務に合っているかということです。扱う商品やサービスによってビジネススタイルは様々です。広く一般に普及しているから使いやすいというわけではありません。

場合によっては限られた環境が重要になることもあります。法規制などが影響するようなケースでは、特に重要になります。何を最低限気にしなければならないかを明確にしておくことが重要です。CRMで実現できることをはっきりしておくことも重要です。

何が必要か、何を気にしなければならないかが明確になったら各社にその対応を可能とするシステムの見積を依頼しましょう。場合によっては、テスト環境で確認することも重要です。なかなかカタログだけで判断することは困難なので、実際のデータを用意して、出力を確認するようなテストがあると安心です。自社でできない場合も、アウトプットがどうなるかを示してもらうことでも理解ができて、後から問題ななることが少ないでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です