誰もが知っているSFAとは

CRMに求められる仕様とは?

CRMを導入する時に気にすべきこととして、他のシステムとの連携があります。例えば在庫管理システムとデータのやり取りができれば、納期の情報をすぐに提示できたり、受注状況から生産計画を修正することもできます。商談中に明確な納期が伝えられればそれだけ、顧客の満足度がアップするでしょう。その他SFAと呼ばれる営業支援ツールとの連携で、顧客へのアプローチを営業の活動に落ち仕込み効率の良い活動が可能になります。

請求書の作成もそのまま進めることができれば、注文からの流れに無駄がなくなります。データの一元管理で組織の効率化を向上させるために、CRMで顧客の関係をしっかりと管理する必要があります。ビジネスの中心は必ず顧客であって、そのコアな部分がしっかりと管理されていないと全体がうまく回りません。ニーズや不満を解決するために主軸となる顧客を管理することが、効率化には欠かせません。

CRMで扱うデータは顧客のもので、機密情報になります。また分析の結果は、企業のノウハウであり他社に漏れればそれだけで競争力を失うことになります。そのようなことにならないためには、セキュリティに注意が必要です。強固なデータ管理ができていないと、いつ漏洩してしまうかわかりません。

特にクラウドを利用する時には情報が社外の管理となるため、セキュリティに関する点をしっかりと確認しておきましょう。バックアップなどもされているようなら、データの紛失が防げて安心です。CRMのことならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です