誰もが知っているSFAとは

営業支援を成功させる方法とは

営業支援とは顧客との商談や契約、アフターフォローなどを行う多忙な営業マンをサポートする業務のことをいいます。とはいえ、ただ営業マンの仕事を手伝うというだけでは効果的な営業支援とはいえません。まず業務の課題を明確にする「問題の可視化」を行うことが重要です。営業マンは顧客の開拓などの営業活動以外にも、見積書作成やデータ入力などの事務処理に追われることも多いです。

見積書の作成に時間が取られるというのであれば、営業支援システムの導入を検討するのもいいでしょう。データ入力が面倒であれば、入力の自動化を取り入れることで本来の業務に専念する時間が増えます。加えて、営業部門全体で個々の情報を共有することも大切です。契約につながったのはどういった戦略を行ったのかなど、「部内全体で営業活動に取り組む」といった意識を持つことも営業支援の一つといえます。

さらに営業スタイルを変えるのも有効な手段です。電話や飛び込みでの営業活動というのは、見込み顧客ばかりにアプローチする方法ではありません。そのため、新規の顧客獲得の成功率が比較的低い傾向です。昨今では「コンテンツマーケティング」といって、自社サイトなどで有益なコンテンツを発信し潜在客を呼びこむといった手法が注目されつつあります。

またメールなどのコミュニケーションツールで、顧客のニーズに合わせた情報提供を行うことで契約成立の可能性を高めることができます。客先訪問の手間や時間などが省け、効率の良い営業活動が実現できる「業務の効率化は」、効果的な営業支援といえるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です