誰もが知っているSFAとは

効率良く顧客の管理をしたいならCRMを導入

CRMとは顧客関係マネジメントの英語名の略語です。どのようなビジネスにも必ず顧客は存在します。関係性を良好に保つことでリピーターとなり会社の収益を上げることができます。何もせずにその関係を構築することはできず、絶えず要求を満たしていかなければ、興味がなくなってしまうでしょう。

そうならないためには適度なタイミングで興味があると思われる情報を提供できることです。CRMではそれまでの顧客とのやりとりが蓄積されて分析することができます。従来は営業担当者が個々に行ってきたことを組織で管理することで効率化することが可能です。例えば商品を納品してからしばらく経った頃にアンケートを送って問題点を聞き出したり、類似製品の紹介のためのメールを送るなどが考えられます。

連絡の頻度が少なければ、それだけ疎遠になります。だからと言って無闇に送りつけるだけだと、興味が薄れて見てもらえません。顧客がいままでどのような行動を行ってきたかを分析することでこれからどのような行動をするかを予測します。その結果、興味がありそうな内容の情報提供や訪問のスケジュールを調整するような時にCRMが有効に利用できます。

過去の問い合わせ内容から何を同じような要求を持っている顧客をグルーピングするようなことも可能です。一番大きなグループに対してマーケティングすれば、効率良く売上につなげることができます。このようにして、マーケティングの根拠にすることも可能です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です