誰もが知っているSFAとは

表計算でなくCRMで管理する理由

顧客の管理を表計算で行なっている企業があります。帳簿で管理していたことの名残で、とても簡単で便利です。リスト化するだけならそれで十分かもしれませんが、本来の管理の目的は、効果的に顧客との関係を管理することにあります。独自で作った帳簿のような管理では、どのような顧客が何を選んでいるのか、どのタイミングで購買が増えるのか、売上の増加に関する根拠はなにかなどを分析することが困難です。

CRMを使えば、そのような分析から対応まで一括で実施することが可能です。商品での差別化が難しいビジネス環境において、顧客の情報は大きな影響力を持っています。そのような顧客の情報を営業戦略に使わない手はありません。顧客のグルーピングも簡単に行うことができるので、セミナーの案内なども全体に送るのではなく成約率が高いグループにだけ送るなどの工夫もできます。

数が少なくなればそれだけ資材のコストも削減できるし、用意する施設なども少なくて済みます。CRMでは、一度獲得した顧客との関係性を失わないようにすることはもちろんのこと、新しい顧客の開拓にもある程度の方向性を導き出すことが可能です。このような情報分析によって無駄を少なくすることができて、短時間で低コストながらもしっかりと収益を上げられる組織に変わることができます。働き手が減り続けているこれからの社会には重要な選択肢と言えます。

そのためには、ただの表計算の帳簿ではなく、多機能なCRMシステムを利用した方が安心です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です