誰もが知っているSFAとは

大学におけるタブレットの使用の広まり

大学に勤めている人も勉学に努める学生もタブレットを所有していることが多くなりました。職員の仕事上必要という観点からパソコンが一人一台ということはどの現場でも通常になっているものの、タブレットに関してはそこまで普及は進んでいません。主な使用者となっているのは現場の出入りが多い教員と学生であり、教員に至っては現場によってはほとんど全員が持っている状況が生まれてきています。それほどに使用するメリットが多い環境になっているのが現状です。

大学でタブレットの使用が広まっているのはその組織としての目的に用途が合致しているからです。教育と研究を行う機関として存在しているのが大学であり、学部生は講義資料を閲覧したり、授業の内容理解やレポート課題などの作成に必要になる情報源としたりすることができます。教員は講義を行う際のプレゼンテーションファイルを持ち歩くためのデバイスとして使うことが可能です。これは講義に限ったことではなく、学会などでの出張の際にも同様であり、携帯性の高いデバイスとして汎用されるようになっています。

これに加えて大学内でのネットワークが確立されてきたのはタブレットの使用を促進している原因です。ネットワーク回線の強さについては差があるものの、キャンパス内ではどこでもインターネットにアクセスできる環境が整えられていることが多くなりました。そのため、日常的にインターネットを介した情報交信が行われるようになり、タブレットを携帯していることの重要性が高まっています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です