風評被害は弁護士に相談を

風評被害とは、根拠のない噂を流布されてしまうことで評判を落とされる被害のことを指します。昨今ではネットを利用した誹謗中傷や嫌がらせによる風評被害が増えてきています。もし。そんな目に遭って放っておくと、いつまでも風評を広げられてしまう恐れがあります。

そこで弁護士に相談することをおすすめします。弁護士に相談すると、必要な手続きをとってもらえるのでスムーズに誹謗中傷の削除が行われます。削除の要請に応じてもらえない場合は、「仮処分」という裁判上の手続きをとることができるので、解決への道筋がはっきりしています。「削除してもまた繰り返されるだけでは?」とお思いになる方もいらっしゃると思います。

しかし、弁護士ならばさらにそこから投稿者を探知することができます。投稿者のIPアドレスの開示請求や発信者情報開示請求などを駆使して、悪質な投稿者の氏名や住所を特定できる場合があります。それによって再び風評を流すことへの抑制になります。それでも収まらない場合には損害賠償の請求も可能です。

費用の問題が心配かもしれませんが、弁護士はプロバイダや投稿者に対して直接的に働きかけることができるためスピーディーに解決できます。ゆえに結果的に解決までが早く、費用は少なく済むのです。風評被害を放置するとその波及は想像を超えるものになることがあります。早めに対処することで被害を最小限に食い止められますので、風評被害に遭った時は弁護士への相談をおすすめします。

関連記事

コメントする

Hey, so you decided to leave a comment! That's great. Just fill in the required fields and hit submit. Note that your comment will need to be reviewed before its published.