風評被害は弁護士に依頼して相手を訴えよう

風評被害というとどのようなものがあるかご存知でしょうか。一般的には勝手に個人や会社の評判を一方的に虚偽のものを流布し、相手に損害を与えるようなことを指します。具体的には芸能人の浮気や不倫などの悪評をネット上で撒き散らすことが該当します。また企業においては食品の安全面や製造に関する不具やいなどを捏造し、SNSで拡散し、売上の低下を狙うことなども指しています。

現在ではインターネットの発達により、個人でも情報を拡散することは以前より非常に容易になっています。もちろん本当に問題がある企業などの情報が拡散できることは、有益かつ大変便利なのですが、誹謗中傷の目的だけに相手の不都合な情報を一方的に拡散することも増えています。そのような風評被害を生み出していくこと当然犯罪になります。そのような問題に帳面をした時はすみやかに弁護士に相談をしましょう。

弁護士に相談をすることで、風評を撒き散らしている相手を特定し、その相手に訴えを起こすこともできます。警告を発し、それでも辞めないようならば裁判に持ち込んでいくのが良いでしょう。一刻も早く風評の流布をやめさせることで風評被害を防げますし、相手の行動次第では損害賠償を請求することも可能です。虚偽の流布の場合は非常に悪質な犯罪といえるので、毅然とした相手兵衛の対応を弁護士のアドバイスを受けながら行うようにしましょう。

もちろん自分がそのようなことを行うことも犯罪です。

関連記事

コメントする

Hey, so you decided to leave a comment! That's great. Just fill in the required fields and hit submit. Note that your comment will need to be reviewed before its published.