風評被害は弁護士と相談して解決できます

インターネットが普及されて、便利な時代になりました。しかしインターネットで事実ではない書き込みにより、被害を受ける会社が増えてきました。ニュースでも何度も取り上げられている、インターネットによる「風評被害」です。しかし多くの会社では、インターネットによる相手が分からない書き込みを、イタズラ程度と軽くみて放置しているケースが多いのですが、そのままにしていると深刻な事態を招いている会社が少なくありません。

事実ではない書き込みは世界中の人が閲覧できて、会社のイメージが悪くなり、社会的信用が低くなっていきます。そうなった場合は内定を辞退する人や、今まで働いていてくれた人達の中にも退職者が増えて、人材不足に陥る会社もあるのです。風評被害による損害はその他にも、取引先の会社にも不信感を抱かれて、取引が停止される場合があります。ここまで深刻な事態に陥ると、会社の売上げは低下するのです。

風評被害を防ぐにはインターネットで、事実ではない書き込みを見たら、弁護士に相談をして対策を取る事が大事です。弁護士に相談をしたら、どのような解決方法が希望なのかヒアリングを行います。その後は弁護士が最適な対策案を提案して、多くの場合は事実ではない書き込みの削除を、サイトの運営者に要請します。運営者側がすぐに応じてくれたら、問題はありませんが、運営者が応じなければ裁判所へ申し立てる事になります。

裁判所が事実ではない書き込みで、名誉毀損にあたるものと認めたら「仮処分命令」を出してくれて、運営者側が削除をしてくれます。しかし注意をして欲しい事がありますが、事実である書き込みは削除できません。裁判所は表現の自由を尊重していますから、あくまでも事実ではない書き込みで被害を受けた場合に限るのです。

関連記事

コメントする

Hey, so you decided to leave a comment! That's great. Just fill in the required fields and hit submit. Note that your comment will need to be reviewed before its published.