事実無根の誹謗中傷に悩むなら弁護士に相談を

インターネットは人々の暮らしを豊かにする手段ですが、時に事実無根の誹謗中傷などが書かれて、個人のプライドを著しく傷つけてしまうことがあります。中傷は法的手段を用いることで対策が可能ですから、根拠のない中傷に悩まされている方は、弁護士に相談を依頼しましょう。弁護士に相談するとまず誹謗中傷が行われているサイトについて尋ねられるので、そこで書かれているサイトをすべて伝えます。するとそのサイトの責任者や運営者に対して裁判所から仮処分決定をもらい、削除要請をすることになり、書込み先の管理人に対して削除命令が出されます。

一定期間内に消さなければ管理者側が不利益を被ってしまうことになるため、ほとんどの場合で削除が成功します。場合によってはこの時に書込み人物を特定してプロバイダに開示請求裁判を行い、書き込んだ相手に対して倍賞を求めることもできます。誹謗中傷の書込みの場合悪質なものは刑事事件になることもあるので、万が一そうなった場合でも弁護士が被害者を全力でサポートしてくれます。誹謗中傷の種類によっては損害を受けている場合もあり、損害については具体的に実証が可能なものならば書き込んだ人物に対して請請求が可能です。

中傷の書込みについて削除で対応してもらうのか、あるいは相手に責任関係を追求するのかは、依頼者側の希望で変わってきますから、誹謗中傷でお悩みの場合には弁護士に相談して解決方法の助言を受けましょう。名誉毀損の削除のことならこちら

関連記事

コメントする

Hey, so you decided to leave a comment! That's great. Just fill in the required fields and hit submit. Note that your comment will need to be reviewed before its published.