風評被害は弁護士の力を借りる

風評被害の問題を抱えてしまう企業は、ネットの普及とともに増加している傾向にありますが、その中には悪意を持った情報を流す人物のせいで被害を受けている企業も少なくありません。そのような際に書き込みの削除を依頼していけば消すことも可能なのですが、サイトの管理者の中にはなかなか取り合ってくれないという場合もあります。そのような場合には、弁護士を立てて書き込みの削除や有害情報の排除が強制的にできますから、弁護士に相談をしましょう。風評被害の書き込みを消すだけではなく、刑事責任を書き込んだ人物に対して追求したり、民事的な損害賠償などもできるようになります。

もちろん裁判費用を被告に対して払ってもらうことも可能ですから、風評被害の情報を流していた人物に対してそれなりの責任をとってもらうこともできます。不特定多数の人物が書き込んでいた場合には、弁護士を使っても一人ひとりに責任を追求していくことは難しいのですが、サイトの管理者などに書き込みの削除を常に働きかけてくれます。有害情報の排除は風評被害の風化に必要なことなので、裁判を起こす気がない方もぜひ弁護士を通して強制力のある書き込み削除を任せることにしましょう。弁護士報酬は分割払いや料金プランからえらべますから、被害の程度などに合わせて選べます。

風評被害にお悩みの企業は頭を抱えて問題を見逃すのではなく、厳しく対処してもらうために法曹の専門家に助言を求めましょう。IPアドレス開示のことならこちら

関連記事

コメントする

Hey, so you decided to leave a comment! That's great. Just fill in the required fields and hit submit. Note that your comment will need to be reviewed before its published.