バナー

レーザー脱毛の気になる副作用

レーザー脱毛というと多くの人が利用するようになって、すでに一般的な脱毛方法として定着しています。

それまでは針で一本一本むだ毛を処理した板のに対して、レーザーなら一定の範囲をまとめて脱毛することができますから、非常に簡単で効率的な脱毛ができます。
レーザーはメラニン色素にのみ反応しますから、肌を傷つけることは非常に少なく、そのために安全性が高いというメリットもあります。
このレーザーですが、医療用のものでないと出力によっては肌にダメージを与えることもあるようです。

また、ジェルを塗らないでレーザー脱毛をすると、肌へのダメージが大きくなることもあるようです。



それによって、熱が発生したり、あるいは炎症が起こったりすることもありますし、最悪な場合には色素沈着が起こることもあります。



このような副作用がレーザー脱毛にはあるということも知っておく必要があるでしょう。



炎症やほてりなどは2日から3日くらいで元に戻って治りますが、色素沈着は長引くこともありますから注意が必要です。

このような副作用を防ぐ方法は、エステやクリニックできちんと教えておらって置くべきでしょう。


例えば、脱毛をしてすぐ後にシャワーを浴びると副作用が起こりやすいという傾向があるようです。

ですから、すぐには浴びないほうが良いと考えられます。

副作用を避けるための方法は、必ず聞いておいて守ることが、後々のトラブルを防ぐことになると言えるでしょう。